FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています♪
応援ポチ宜しくお願いします^^
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

第1話
第2話
第3話
第4話
第5話



少し官能入りかけてます。
続きを押すと、見れます




---------------------------------------

近くのカフェに入り、程なくして飲み物が運ばれて来た。

暫くお互いに探り合っていたが、カクテルが美加に言った一言は…。


「美加さんは自分の事を、ノーマルってまだ考えてる?」


美加は、まさかそんな質問をされるとは思ってもいなかったのでビックリはしたが、自分の事を振り返り考えてみて、正直に今思っている事を話してみた。


「どれがノーマルで、どれがノーマルでないのか分からないし、その判別が出来ないのに、自分がノーマルなのか、そうでないのかは分からないから答えられないです。」


「美加さんは、私の手を悪戯している時と、私が美加さんの手を愛撫している時はどちらがドキドキしましたか?」


「どちらもドキドキはしたけど、周りの人達に見つからないかと心配でした」


カクテルは何か考え込み納得をしたようで、それ以上の質問はせず当たり障りの無い話しをしだした。

美加は、何故そんな質問をした後に、当たり障りのない話しになったのか気になったが、カクテルの話術は巧みで、飽きが来なかったのでそれでも良いかと思い、カクテルと話しを楽しんだ。

一時間ぐらい話した後、今日はこれでお開きにして、次にまた会おうとなりカフェを出て、カクテルが駅まで美加を送り、美加が改札口から消えるまで見ていた。




続く

スポンサーサイト
[PR]


ブログランキングに参加しています♪
応援ポチ宜しくお願いします^^
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

Secret

TrackBackURL
→http://ajt14.blog67.fc2.com/tb.php/9-48a64daf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。